2011年05月08日

夏の暑さ対策は熱交換物質が入っているペンキで屋根を塗る

東電の原発問題で、夏の節電対策計画停電がささやかれている中、結局は文句をたれている暇もなく、個人が虎視眈々と節電対策、夏の暑さ対策の駒を進めるべきだと思い、いいものテレビで見つけました!

熱交換物質が入っている塗料ペンキが、電気を使わずして、部屋を涼しくしてくれ暑さ対策に貢献するという話題です。
今年の夏も猛暑になれば熱中症も心配です。熱中症は、家にいても部屋の気温が上昇してくれば、起きる話じゃないですか?そんな時、節電対策、計画停電等で冷房クーラーも使えなくなってしまうのであれば、今から暑さ対策としてこの熱交換物質が混入しているというペンキで屋根や壁を塗るといいらしいです!

熱交換物質を使用した屋根をペンキを塗ると、
屋根の表面温度は、今の季節でも約2度から3度の
温度上昇を遮ることができる実験結果が得られてました。

そんなんで暑さ対策ができるのか?夏の猛暑時期に、追加的に1度、2度と上がる気温の身にまとわりつくような暑さは、いつも以上に厚く感じます。あと、1度でも2度でも気温が下がれば・・・と思うことも少なくないと思います。

よって、暑さ対策の効果は大と考えます。やっぱり36度と33度では暑さの体感も違うと思いますし。

こんな方法も検討してみて下さい!


★熱交換物質ペンキ★
ラベル:節電対策
posted by 脱サラリーマン at 11:09| 栃木 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 節電・停電対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。