2011年03月23日

地震に対する日ごろの対策を考えます

東日本大震災で震度6強の地震を実際体験してみると、
目が覚めたというか、日ごろの地震などの災害に
対する対策の必要性を強く感じます。

地震の災害を受けたにもかかわらす、たいした被害でない人間が
やれることの1つと考えます。生き残っている人がこういった
地震に対する対策を考え実行することが、津波や、地震でお亡くなり
になった方々への報いになると感じます。

対策とは、行ってもどこを重視するということを考えるかと思います。

予算や、できる範囲というのは各個でそれぞれだと思います。私は、質素に
位している人間ですが、まず身の回りからの地震対策
ございますが、やはり、大事なもの(健康保険証やお財布、運転免許証など、
これだけはというもの)を持ってすぐに逃げることができる対策を売っておきたいと思います。

1発目の地震がでかければ、余震もでかい、ゆれに揺れている中、いろいろそれだけの
荷物をまとめて、実家へ行こうと思いましたが、なかなかこれがあせって進みません。
あっという間に20分から30分。日ごろ思っているより、時間がかかったのはびっくりです。

これは、第1位の地震対策です。

そして、実家を見に行くと、いろいろなところが破損していました。
日ごろから、いろいろ建物のメンテナンスって必要なんだなあ
と思いました。

この辺は、家が崩壊するという被害は、ほとんどありませんでしたが、
お風呂のタイルにヒビが入り、丸ごと取り替えや、水道部分の被害、
壁のひび割れ、ブロック塀の崩れなど。

他の家では、瓦屋根をやられていたり、地面が盛り上がったり。
避けれないこともあると思いますが、可能な限り、地震対策を少しずつ進めていこうと
思います。
タグ:地震 対策
posted by 脱サラリーマン at 18:38| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/192131165

この記事へのトラックバック

車両の取得原価の事例
Excerpt: 営業者などの車両取得時の取得原価は、本体+登録費用+法定手数料+自動車取得税である。(掛け捨て任意保険は、販管費となることに注意する。よって、決算整理で保険料の見越し、繰延べを行う。)今日の簿記論いか..
Weblog: 退職しちゃったサラリーマン
Tracked: 2011-04-02 01:52

連結会計の最初の仕訳は開始仕訳
Excerpt: 連結会計で一番初めの開始仕訳は、連結時の会計処理すなわち連結時の資本と投資の額に基づき、投資と資本の相殺消去を行う。よって、連結時の、子会社の資本の状況の資料は、問題で用意されているはずであります。カ..
Weblog: ダイエットプログラム2011年
Tracked: 2011-05-02 17:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。