2010年09月28日

たばこ値上げに関する一般市民のコメント

みなさんがご周知の通り、煙草値上げまであと数日。
私は、2007年の1月1日きっぱり止めました。

そういう節目みたいな日に、決意することが、
煙草をやめる秘訣だと思います。

それ以来、二度と吸っておりません。
むしろそれまで吸っていた15年間を
悔やんでおります。

でも、15年間の喫煙生活を終焉できたことは
自分の誇りとも考えます。

後悔、先にたたず。

ニュースで見ていたら、
「お酒を値上げしてもいいから煙草は止めてくれ」
↑この人は、愛煙家で煙草を止めるつもりはないですね。


「値上げがして高いから止めます」
↑経験上止めることなどできないと思います、高いなんて
いう理由で麻薬まがいな煙草がやめられるはずがないと
思ってます。

「値上げを機に、なんとか止める努力をします」
↑この人は、あと何かもう1歩、絶対止めたい理由が
あれば、いけそうな感じがします。

「保険適用の診断やお薬」
↑これで止められば良しとするべきなのか?やめられない
よりはいいのかもしれないけど、薬でっていうのは、
麻薬に麻薬をみたいなイメージで、どうかなって思ってし
まいます。でも、結構成功率はいいことを考えると
賛否両論。しかし、私には必要はないんですが、
薬とか1万8000円くらいかかるみたいですよ。
たかっ!貧乏な人にはできません。

こんなところが私の正直な意見です。
止めれた、止めた人間だからはっきり言いました。
でも、少しでも止めるという気がある人は、
正直言ってなんとか頑張ってほしい。

先輩として言わせてもらうと
死を覚悟するかのような(笑)禁煙(いや一時じゃなく)、二度と吸わないという覚悟は必要です。

実際、ダイエットにもつながるんですよ。
posted by 脱サラリーマン at 21:13| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。