2011年08月14日

酷い宇都宮市の1,000円床屋ヘアサロン評判

教育してあげようかと思いました。宇都宮床屋さん。

客商売の仕方を。評判下がってしまいますよ。本当に。

先日、宇都宮の実家へ帰宅したときに安い床屋を見つけました。私天パーなので、パーマをかけていないのに、お初の方は、みんなパーマをかけていると思われて、ある意味、ちょっと腹立たしい。酷い人だと、信じてくれないですし。(笑)


それは、さておき、そんなんで、どこの床屋さんへ行っても、対してかわりません。むしろ、簡単に1,000円だからね・・・みたいな。

その床屋へ入ってみると、中は縦長に広いです。10mくらいありますかねえ。理容師もそのはしっこにいる感じ。待っているいすは、その反対側でかなり離れてます。


まず、この床屋、客が入ってきたのに、
「いらっしゃいませ」も「どうぞもなし」

次の客からは、ちゃんと言ってました。なんかむかつく。
入り口に入るとでっかい音楽がなるのでわからないはずがない。

しかも、初めてなのでわからなかったのですが、ずーっとおくに、名前を書くところがあり、なんとそこに名前を書いた順のようです。・・・この床屋をでるまでわかないほど向こうの方にあります。


どう見ても、自分達(従業員)が楽しているようにしか見えません。その名前を書く紙。自分らの方は歩いて一歩二歩、客は十歩。いけませんねこの床屋さん。

自分は、知らなかったので、自分の次に入ってきた人が名前を呼ばれ、自分よりも先に床屋にかかってます。

???

わけわかりません。(まだその時、紙があるとは分からない)

次に名前を呼ぶ時に、見ていると、従業員がその紙を読んで呼んでました。そこまで気がつきませんでした。


っていうか、先に入ってきた人(その時待っている人一人しかいなかった)くらい、顔覚えておけよ。それに気がつくまで35分じっと座って待ってたのに。

無視かよ!

と思いました。客に対して、かなり失礼な床屋です。

現在は宇都宮ですが、合併前は、河内町。セキチュー岡本店の並び。

知っている人は知っていると思いますが、当時岡本初のセブンイレブンができたマンション
です。岡本のセキチューのとおりを、西に向かうと、比較的大きな交差点があると思いますが、
それよりもいくらか手前です。左側。名前なんてもちろん覚えておりません。

ここの床屋さん業務改善した方がよさそうですね。
posted by 脱サラリーマン at 23:49| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。