2011年05月04日

FX会社も比較して口座開設をお勧めします

国際テロ組織の指導者であるアルカイダのウサマ・ビンラディン容疑者が米国により殺害されたというオバマ大統領の報道を受けFX相場すなわち為替相場が乱れました。特にドルに対して、リスクが緩和したというマーケットの見方が強かったのか?

FXでドル円のロングポジションを持っていましたので、ラッキーではありましたが、結局は一過性の動きとなってしまい、その後にまたさげてしまいました。

口座開設をして2年以上が経ちました。いろいろ口座開設するとFX会社のシステムとかその癖とか把握や比較ができますし、比較するからこそ自分にあうFX会社も見つかります。

これもまた予想通り。FXの経験も長くなり、こうなる危険性にも備えられるようになりました。

しかし、FXをやっていればわかりますが、今回たまたま方向的にはよかったんですが、逆もありえます。逆に動いたらFXではたまったものではありません。(自分で損きりしなければなりません)。

この損きりもきりがありません。持っていれば損がどんどん膨らみますし、損きりすると、しない方がよかったと感じる時もたくさんあり、これがFXで非常に難しいことになってきます。
ラベル:FX
posted by 脱サラリーマン at 00:03| 栃木 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。